• ホーム
  • ラシミール錠で爪水虫を完治させるには

ラシミール錠で爪水虫を完治させるには

2019年07月24日
きれいな脚

水虫は初期段階ではあまり症状が出ないものもあり、知らずのうちに進行していることもあります。
悪化してからでは完治も遅くなりますし、家族感染が起こる可能性がありますので、気づいたら早めに治療を行うことが大事です。

市販薬も良い改善が得られる場合もありますが、水虫とは似た他の病気もありますので、皮膚科などで診察を受け、水虫か、他の病気であるかを見極めていきましょう。

水虫は足裏や指の間が赤くなる、かゆみが発生する、さらに皮がめくれるなど様々な症状があります。
かかとが厚くなり、かゆみもあまりないという症状も実は水虫である可能性があります。
水虫は白癬菌が原因していますので、抗真菌薬の塗り薬や良い効果を期待することができます。

初期段階であれば、早い改善が期待できますし、家族感染を防ぐためにも早めに治療は進めていきましょう。

水虫は再発も多いので、治ったと感じても、しばらく薬を続けていくことが大事です。
水虫は皮膚に症状があらわれますが、治療が遅れた場合は爪にまで進行し、爪水虫となってしまうこともあります。
爪はかゆみも感じませんので、初期段階では気づかないことも多く、少しずつ進行していきます。

爪水虫が悪化すると爪が濁り、分厚くなりますし、さらにもろくなってしまいます。
そして、爪は塗り薬が浸透しにくく、改善は難しい傾向にあります。
塗り薬ではあまり良い改善は期待できませんが、放置していると他の病気との合併症を起こしてしまう可能性もあります。

特に糖尿病との合併症は避けたいので、血糖値に不安のある人は早めの改善を行いたいところです。
皮膚にできた水虫に効果的な市販薬は多く存在しますが、爪に効果のある薬は多くはありません。
早めの改善を得るのであれば、やはり医療機関に相談することがおすすめです。
医療機関では塗り薬だけではなく、飲み薬も用意されており、爪水虫の改善に良い効果を発揮してくれます。

爪水虫の改善にはラミシール錠が良く利用されており、こちらは塗布するのではなく、服用することで良い改善を期待でできる薬です。
ラミシール錠の服用は一日一回となっていますが、爪の生え変わりにはそれなりの期間が必要ですので、根気よく治療を続けることが大事です。

ラシミールの主成分テルビナフィンの殺真菌作用

皮膚にできた水虫と同じく、爪水虫に似ていても、別の症状である可能性もありますので、安全に治療を進めていくためにも、まずは診察を受け、爪水虫か、別の病気かを判断してもらいましょう。
爪にできた水虫もやはり抗真菌薬が効果を発揮してくれます。

爪水虫の改善にはラミシール錠が効果的ですが、服用前にはその特徴も理解しておきましょう。
ラシミールの主成分はテルビナフィンとなっており、テルビナフィンは真菌の細胞膜成分の生合成に必要な酵素の働きを阻害し、真菌の増殖を抑えてくれます。
優れた抗菌作用があり、皮膚や爪にできた水虫の改善に効果を発揮します。
ラミシールは塗り薬も用意されていますが、皮膚にできた水虫には効果的でも爪水虫の改善は難しいものがあります。
爪の改善にはやはり内服薬が向いており、薬の形状は丸く白い錠剤です。

爪水虫には服用タイプのラミシール錠が良い効果を発揮してくれますが、すぐに爪がきれいになるわけではありませんので、根気よく続けていくことが大事です。
爪がきれいに生え変わるには6ヶ月程度と長い時間が必要とされていますので、そのことも理解しておきましょう。
治療を続けることはもちろん、糖尿などの合併症が心配される人は足の状態は良くチェックしておくことも大事です。
毎日続けることが改善のためには大切ですが、飲み忘れた場合は気づいたときに飲むことができますが、次の服用まで8時間以内の場合は、忘れた分を飲まず、一回飛ばしておきます。

服用タイプのラミシールは外用薬に比べて副作用も強く出る可能性がありますので、正しい飲み方を守ることが大事です。
勝手な判断で多く飲んだりせず、医師の指導を守り正しい治療を行いましょう。